なるほど!よくわかる住宅ローン

まずはいくらまでなら借りれるかを考えよう

マイホームを購入する際に、実際に購入する家よりも時間をかけて考えた方が良いのが住宅ローンについてです。借りる際にはどのような事を考えればよいのかを見ていきましょう。 まず、最も重要なのがいくらまでならお金を借りても大丈夫かという点です。住宅ローンを借りる際は、より自分たちの希望にあった家を買おうとしてついついよりたくさんお金を貸してくれるところを探しがちですが、たくさんお金を借りることができたといっても借りたお金は返さなければいけません。毎月の返済額が多ければそれだけ生活を圧迫しますし、最悪の場合返せなくなって家を手放さなければいけないことにもなります。いくら借りれるのかではなく、いくらまでなら返せるかをまずは考えましょう。

世間の一般論に惑わされない

世間一般的には住宅ローンは返済負担率が25%以内であれば大丈夫だとか、年収の5倍までなら無理なく返せるとよく言われていますが、これらの一般論は実際にはアテになりません。鵜呑みにして金額を決めると失敗することが多いです。
適正な金額は自分たちの普段の生活を良く考慮してライフプラン表を作成しない限り分かりません。ライフプラン表を作成して初めて自分たちがこれから先どれくらい毎月出費することになるのかが分かります。収入と支出額を差し引いて残った金額が毎月無理なく返済できる金額です。この金額にローンを組むことが出来る年数をかければおのずと借りても大丈夫な金額が出てきます。ただし残った金額ぎりぎりまでローンを組まずに10パーセントくらいは貯金できるような金額設定をしましょう。