ローンの組み方丸わかり!!

固定型のメリット・デメリット

マイホームをこう縫うすることになった場合、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになります。住宅ローンを組むうえで必ず選択することになるのが固定金利型にするか、変動金利型にするかです。 この二つはどちらの方が優れているという事はありません、両者ともにメリット・デメリットがあるので自分たちにとってどちらの方がよりメリットを感じることが出来るかを考えて決めると良いでしょう。 固定金利型は、契約した時点で定められている金利がどんなことがあっても変わらないというシステムになっています。景気に左右されずに返済していく金額が一定なので、返済の計画をとても立てやすいというのが最大のメリットです。デメリットは、景気が悪くなって世間の金利が下がったとしても汲んだローンの金利は変動しないという点です。

変動型のメリット・デメリット

一方、変動金利型は世間の景気の動向に合わせて金利が変化するシステムになっています。メリットとしては基本的に設定されている金利が固定型と比べると低いという点と、景気の変動によって金利が下がった場合、それに比例して変動金利型の利息もさらに下がるという点です。 デメリットとして挙げられるのが、逆に景気が良くなって金利が上昇すると、それに伴って変動金利型の利息が上昇し、返済する金額が増える点です。そのため、返済計画はある程度余裕を持ってする必要があります。 現在の日本は超低金利時代と言われているため、固定金利型よりも変動金利型を選ぶ人が多い傾向にあります。ただし、これ以上金利が下がることは考えにくいため、将来的には金利が上昇するという見る人が多いです。