これで納得!金利の種類

住宅ローンを組むなら金利が重要

マイホームを建築・購入する場合、ほとんどの人が住宅ローンを利用しています。住宅ローンは「変動金利型」「全期間固定金利型」「固定金利選択型」の3つに分けられ、いずれかを選択してローンを組むことになります。それぞれの特徴や注意点を見ていきましょう。
まず変動金利型ですが、これは市中金利の動向にダイレクトに影響を受けるタイプで、他の2つに比べ金利は低いですが、今後市中金利が上昇すると、それに連動して返済額が増えてしまう可能性があります。金利が低いうちに返済が終わるように、借り入れ金額が少なく返済期間が短い人向けと言えるでしょう。全期間固定型は市中金利の動向の影響を受けず、最後まで一定の返済額が続くタイプです。将来にわたり返済プランが立てやすく、計画的に返済していきたい人には最適です。一般的には借り入れ金額が大きく、返済期間の長い人に好まれているようです。

自分に合った住宅ローンを

もう一つの固定金利選択型は、変動金利型と全期間金利固定型の中間的なタイプです。5年、10年、15年と固定金利の期間を定め、その期間が終了した時点で変動金利にするか、固定金利にするかを選べます。一定期間、変動金利のリスクを回避したい人向けです。
どの金利タイプを選ぶかは、それぞれの収支の状況やライフステージ、好みによって最適なものに決めましょう。また、金利タイプとは別に「元利金等返済」「元金均等返済」という異なる返済方法があります。元利均等返済は毎月の返済額が一定になる方法で、元金均等返済は返済が進むにつれて返済額が少なくなる方法です。返済額を一定にしたい人は元利金等返済、とにかく支払い総額を減らしたいなら元金均等返済を選ぶといいでしょう。